立ち上がれ中指

中指はそれを立てた時に最も折れやすくなる。

「降神」 降神





読書感想文書いたんなら今度は音楽感想文だーってことで最初に取り上げるのは僕にとっての座右の1枚でもある「降神」。「おりがみ」と読みます。ここ最近僕もめっきり音楽を聴かなくなってしまったんだけど、それは僕のノートパソコンがぶっ壊れたとかそんな些細なことが原因なのではなくて、ただ単純に降神が一向に次のアルバムを発表しないことから来るのである。1個前の記事で環境に求めすぎるな人のせいにするなとか言っておいて、次の記事で即座に環境のせいにしている僕もひたすらどうかと思うんだけど、つまりもうそのくらい僕は降神というグループが好きなのだ。たとえこのレビューが今更気味だったとしても書きたくなってしまう程度には。

ここで僕がいくら声高に降神に対する愛を語ってもちょっとよくわかってもらえないと思うので、簡単に彼らに関して説明するとジャンルはいわゆるところのラップ系に入るのではなかろうか。っていうかラップをしているので絶対入るんだけど、こういう風にいってしまうと「ラップが許されるのは中学生までだよねー」とかそういう感じの反応が凄い勢いで返ってきて僕には反論する権利を与えてもらえない。そりゃあそういう反応はなんだかんだで無理からぬことで、僕だって多分キングギドラとかしか聴いていなかったら、ラップなんてなんか服だぼだぼのおっさん達が金・女・暴力その他について歌ってラブアンドピースいえーい俺ら最強みたいなことをがなっているっていう印象しか持たなかっただろう(キングキドラの残した功績は前提においといて)。

降神は究極的にそういうラップとは異なっていて、彼らは外にメッセージを押し付けていくというよりは、彼らの内省的な世界をそのまま映し出していくという感じだ。勿論その形態は曲ごとに違っていて、ある曲では完全にストーリーのようなものをつむぎだしている一方、ある曲では直接的な不満やらメッセージやらを書いていたりもするんだけど、それすらもどこか詞的であるためか押し付けられている感が少なくとも僕にはそれほどしない。また、彼らのラップスタイルも独自のもので、唄うようなものであったりただ喋るようなものであったりと自由自在だ。韻でかっちり作っていくスタイルも素晴らしいと思うけど、僕が知っている限り彼らのようなスタイルで歌うラッパーは他に見ないのでそういう意味でも聴く価値はあると思う。ラップだから…って敬遠せずにちょっと聴いてみて欲しいグループです。曲の中での起伏は他のジャンルと比べるとなくてつまらないっていう人もいるのでそこら辺は好みにも依存するのだと思うけど、特に色んなジャンルの音楽が好きだけどラップはあんま聴かないだとか日本の音楽はつまんねー海外チェケラッチョとかそういう人は是非。

んで本作は彼らの最初のアルバムで、元々全然流通していなかったCD-R版をリマスタリングして新しい曲を3曲ほど追加したもの。その過程で1つ曲が抜け落ちてしまって、CD-R版のデータをなくしてしまった僕は大変悲しい思いをしたのだが、全体としての出来は降神メンバーが発表したアルバムの中でも一番聴きやすいし魅力がわかりやすいと思う。彼らの概要説明では詳しく触れなかったけども、彼らは歌詞もファニーでユニークで、そこが僕の降神熱を支えているところが大きい。僕は歌詞に結構な重点を置いていて、歌詞が面白いと思ったグループとか歌手は基本的に問答無用で大好きだ。いくら音楽的にちょっとまだあれかなーと思っても、次のアルバムがいつ出るのかとかをチェックしたりしてしまう。無論それは歌詞に中身がない曲とかの批判を意味しているのでは全然なくて、そういう曲は声を音として聴けばいいんだと思っているし、よほど不快なメッセージとかが入っていない限りそういうのも大好きなんだけど、でもやっぱり僕個人の中で大好きすぎてやばいって言えるのは歌詞に魅力がある歌なのである。

降神は凄いストーリーテラーであるという評価が一部にあって、僕もそれ自体はその通りだと思うけど、1つの歌詞自体に明確な落ちがないことも結構多い。だからそういうきちっとしたストーリーを望む人は少し肩透かしを食らうかもしれない。彼らの歌はどちらかといえば幻想的で、今見ている幻想をそのまま描写していると思える時がある。彼らがフリースタイル(即興のラップ)を得意としていることが影響しているのか、はたまたその逆かむしろやっぱり双方向性的なものなのか、いずれにせよその即興でおそらく磨かれたと思われる言葉選びだとかのセンスは群を抜いていて、流れるような幻想の中に平然とナイフだとかバールのようなものだとかを忍び込ませることに成功している。

「降神風 吹かすためのたりらりらん らりらりらん」
「水分70%の生唾の喉ごしが 不明瞭で植物を枯らした」
「おいそこの偽者の自殺志願者 お前は一体今まで何をして来たんだ」
「僕は何故チンチンが生えていて1+1=1になる 意地になる公式から出来た大人と子供?」
「ついてくる友達は精神カウンセラーみたいなもんさ」
「だが夢見るモンスターが知った地球と子宮の大きさ 生きる動機さえ分からなかったのにさあ」
「Fucked upしたバクテリアの如く異常繁殖するマスメディアは既に悪戦苦闘」
「目的地まで喪服で匍匐前進し 報復の往復ビンタにもうすぐモスクが燃える」
「暗い夜空に飛び散る美味しそうな星空 ご馳走さん」
「地球が崩壊しません 2003この指止まれ」
「早速始発列車に乗り込み「幸せですか?」のジェスチャーに虜になる。」
「ドクドクと刻一刻と暴れ馬に抱かれた。一方。女は乳首に毒を塗って他の男と長電話」
「少々食傷きみのベッドに置き忘れた理想像はポケットで叩き過ぎたビスケット」
「薄っぺらい携帯電話で薄っぺらい友達と会話」
「アダルトチルドレンをチルドレンジでチンして食べる 冷たい朝ごはん」
「食って飲んで吸った挙句空っぽの自分を抱いて眠る夜」
「一歩下がり 見てみれば悲しくも滑稽なこの世界は美しいものなのかもしれませんね」


今試しに「降神」の中に収録されている曲の中から自分の好きなフレーズを抜き出してみようとしてその量にびっくりした。これでも結構消した。最初自分の書いた記事の分量より多かった。んまあ多分そろそろJASRACの職員がうちの玄関を叩きにやってくるはずだと思うので、警戒態勢に入ったところでこの記事の結としたいと思います。あでゅー。

 | TOP | 

Profile

脱コットン

脱コットン

 あまりにも無目的に生きる自分自身に軽い絶望を感じ、そんならいっそ何か書き始めたほうが生活回転が良くなるんじゃないかと思いつけ始めたブログです。
 よって人様に見せるものでもなんでもない公開オナニーになっていることこの上ないと思われますが、万が一うっかりこのサイトを覗いてしまった場合は、その辺何も触れずに放置していただけるとありがたいです。好きな食べ物はプリンです。

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約