立ち上がれ中指

中指はそれを立てた時に最も折れやすくなる。

週間少年ジャンプ16号

一番最初に書いた駄文にいずれぼちぼちジャンプ感想を始めたいな〜とか書いたのはいいんだけど、僕の性格からしてきっとそれは訪れないあるいはかなり遠い先の話になるだろうなあとか思っていたら今週のジャンプで僕がいつも見ている漫画が結構おもしろいことが教習所帰りに寄ったローソンで明らかになりました。故にブログを立ち上げてからまだ一週間も経たない若☆輩☆者なのだけどもさっそくジャンプ感想を開始することにしたよ。特にネウロとハンターは僕の中でジャンプ二台巨頭として登録されているから感想に気合が入ると思うんだけど、皆あんまり引かないでね。

・ネウロ

ネットで色々感想を見ているとやっぱり賛否両論わかれるシックス編という感じで、僕自身もシックス登場シーンとかその後のお茶会のシーンとかは鳥肌ものの出来だったと思うのだけど、その後「五本指」の演出とかに(具体例を挙げるとジェニュインさんの振る舞い・台詞がベタすぎるんじゃね?とかちょこちょこに違和感を感じてしまったり)いまいちのめり込めなかった。多分他のネウロ愛好者と同じように僕も最初はこのマンガを良く出来たB級マンガだと思っていてそこが好きだったのに、いつからかそういうB級っぽさに違和感を感じるようになってしまったのはいつ頃のことなのだろうか?やはりハル編の出来が僕の中で素晴らしすぎて少しネウロを違う角度で見ることが出来るようになってしまったのか?それともネウロの芸風に慣れはじめてしまったのか?それは今一よくわからないし、きっと色々な要素が混じっていて僕にはそれを原始レベルで解析するのは不可能なことなのだと思う。まあというかどうでもいいねそんなこと。

ただ、ここ最近の話で僕のネウロ熱はまた勢いを取り戻していて、特に今週で松井先生そろそろ力つきるんじゃねー?とか思っていた僕は完全に間違えていたと思うに至った。やっぱりテラ編おもしろいよ。っていうのは今回は敵キャラに魅力がある。前回の敵だったDRに別に魅力がなかったわけではなくて、まああんな高級そうなリムジンだかなんだかよくわかんねー外車華麗に乗りまわしてた黒人がいきなりぶちきれるのとかもそれなりに面白いっちゃあおもしろかった。ただ、そのかませ臭が同時に半端ない存在だったてのは少し僕には盛り下げさせる一因になっていた。テラも5本指のまだ2本目だってことを考えると確かに彼もかませの1人にしか過ぎないのかもしれないんだけど、テラとDRの一番の違いは彼らの認識の違いにあるんだと思う。テラは目的を遂行するためには何物もいとわなくて(顔以外)、前回のDR戦でのネウロの負傷も頭に入っているから今戦っている風景がある程度は合理的に映る。でもDRはそれまでにそれほどネウロが魔力を消費してない、しかもあんまりデータも揃っていないというのに無根拠に自信満々に突っ込んでいっていった訳で、お前初戦なんだからもうちょい慎重に行こうよ相手は単体では到底太刀打ちできない猛獣なんだよ?と彼の傲慢な性格を差し引いても僕には思えてしまうのである。多分これは一族に一種の天才設定が加わっているからこそ思うのだろうなあ。理屈では天才っつても全員が全員己の力量と相手の力量を量る能力を有しているわけは勿論なくて、むしろ天才だからこそその傲慢ゆえにそういう無謀なチャレンジをしてしまうのは自然だっていうのは理解できるんだけど、なんだろうねこの違和感は。あるいはDRのキャラが少々ネウロ世界におけるテンプレ的な存在でしかなかったからかもしれない。ああいう感じのぶち切れ犯人は今までのネウロ世界では狂ったことに大量生産されていて、僕は新たな血族をそれらとは違う別の敵として見なしていたからそれの焼き直し的なキャラ像を見せ付けられて少しマンネリを感じ始めていたのかもしれない。ネウロの拷問は最近の週間少年ジャンプの「規制」ラッシュに対するアンチテーゼ的な役割を果たしていてそれはとっても興味深かったし、だから彼の登場が失敗だったとはまったく思わずむしろ序盤の敵の1つの形としては全然ありだったとは思うんだけど…。それか僕は既に今のネウロを格闘漫画の一種として見なしていて、確実にネウロに拷問されるために出てきたようなDRの存在は少し弱かったのかも。舞台装置的な感が少し出てしまっているというか。

とまあすごい勢いで今週の感想から外れてしまったので巻き戻して今週の話。今週の見せ場はなんといってもネウロの「…こんにちは」アタック。もうこれだけで今週のMVPくらいのパワーがある。どんだけかっこいい主人公なんだネウロ。というか今までのヒーロー像で果たしてここまで冷静で斜に構えた文言と共に攻撃をしたやつがいただろうか?普通こういうシーンは「ばかめっ!」とか「隙あり!」とかそういう言葉と共に敵をはたくのが僕らの想像するヒーロー像なのにネウロさんったら全然攻撃とは関係ない和やかーな言葉とともに暴力に熱を上げている。「どこを見ているんだ?」とかそういう挑発的な言葉すらかけていない。だからこそ余計に相手に対して皮肉が通じてる。多分テラがネウロに対して熱を持って独白してしかも体の痛みを伴いながら必死の攻撃をしているのに、そんなの全然お構いなしに冷めた傍観者的テンションで相手の存在をシカトぶっこいて攻撃したところが僕のツボにクリティカルヒットを食らわしたんだろうな。もうここの台詞のセンスだけで盲信者の僕としてはネウロ熱回帰するに充分なパワーを持っていやがるぜ…!!

んでテラさんのキャラとしての造形も素晴らしい。以前どこかのサイトだかで見た内容に、テラは地球を表しており、彼が持ち物をむしり取られていくのもそれを意識してのことじゃないかっていうのがあって僕はおおおおと思ったんだけど、今週のテラさんの回想シーンにも「人間は大地の価値に気付かず全然あらぬ方向を向いちゃっているよね」っていう感じの軽い風刺が入っていて初期のネウロの匂いをいい意味で感じさせるキャラ作りになっている。ここ最近のネウロの風刺は結構直接的すぎていい意味でも悪い意味でも絶望先生とかそこら辺のノリを感じていたんだけど、昔はもうちょいコマの隅っこのほうでごちゃごちゃやってた印象があって、それを今週は感じることが出来たって話。風刺の内容自体は今週のも確かに直接的なんだけど、表現の仕方が違くて押し付ける感がない(押し付ける感が出ていたのはチョウチンアンコウの人の時とか顕著かなと思う。彼は結構好きなんだけど)。

それにしてもテラには地球そのものの性質がキャラ性格に加わることで、それが厚みを加えさせているなあ。しかも彼の場合ギャグ的なむしとられ癖がそのまま風刺になるという技ありの作品。こういう小技を組み合わせたら多分今ジャンプで連載している漫画家で、いやむしろ世の中に出回っている漫画の中でも指折りの実力を持つ松井先生だと僕は勝手に思っているので、残っている五本指のキャラとかもテラくらい魅力的なやつに仕立てあげてくれると信じてワクワク次週を待ちたいと思います。あ、それとテラのナルシスト属性がそのままシックスの手がかりになるよっていう流れも上手いですね。本当今週は見事です。

・ハンター

ウェルフェンに関して⇒
内面描写が素晴らしいなあ。こういうリアルな戦闘で人が考えそうなことを冨樫先生は本当うまく表現するよね。マンガの悪い意味でのテンプレ感がまったくない。うん確かに俺が狼さんだったらここまで思うよ。だって彼は色々策を練ったりすることにたける戦略家だもんね。そりゃ色々な可能性を考えますよ。普段考えているんだから。んでその行動のオチがピゼフ長官を探すっていう結果的に見れば「現状からの逃げ」であるっていうこともとっても説得力がある。人間そういうミスではないように見える選択肢に積極的に合理化を図りながら縋りつくものです。いやーこういうことまで気を回せる作家はあんまりいないんじゃないか。だからこそハンターハンターは特別な存在となっているんだねってことを実感。

イカルゴに関して⇒
相手の気持ちに尊敬をもって、そのために行動するっていうのは実際行動を起こす上でとても重要なフィーリングで、冨樫先生は武士道がマジで上手くかけている。そういう気持ちってなかなか崩れにくいものだ。ジャンプの三大文言といえば努力・友情・勝利で、それはジャンプを読む若者達(や大きなお友達)の教訓としての意味もあると思うんだけど、教訓としてみれば今週のハンターのイカルゴは友情という教訓を真に迫る形で見事に描ききっていると思う。やーまったくハンターは一見斜に構えた格闘マンガでありながら、見事にテンプレ以外の視点から努力・友情・勝利を描いているんだなあ。

シャウさまに関して⇒
「それだけのこと…」っていう台詞がかっこいい。今までギャグ的に使われていたのは今回ここで使うための布石だったんじゃないかと思ってしまうくらい。こういう普段ギャグ時に使われている言葉がシリアス時に使われている時に発生するかっこよさほどかっこいいものはちょっとないよね。んで、シャウさんはその後変態をすることにことになるんだけどこれもいい判断だなー。僕らは今までシャウさまのお見苦しい姿だったりファニーな姿だったりを余りにも多く見ているから実際戦いはじめたらそれが護衛軍の持ってる「恐怖」の印象をぼやかしてしまうんじゃないかと思っていたんだけど変態してしまえばこっちのもんだわ確かに。しかしまーまたここのところの絵が綺麗ですこと。普段もこれくらいかっこよく書いてくれればと思うんだけど、冨樫信者の僕は毎週どころか10週連続で原稿が載っているだけで感謝感謝なんだから世の中は本当にずるい。で、普通に考えればこの変態でシャウさまは攻撃的な形態になるんだと思うんだけど、単にバーサーカー的な怪物になるんだったらスピリチュアルメッセージが生かせないと思うしある程度は知能が残った形で出てくるのだろうか。成虫(蝶)がさなぎを通じて芋虫になるっていう逆変態もおもしろいね。まあ次週を待とう。

ゴンに関して⇒
んーこれは来週以降ゴンがどういう反応をするのか全くわからないぜー。ただそのままでは相当な実力差がピトーとゴンの間には存在するから勝てるとしたらピトーが王の命令を聞いてコムギを治しているとき以外にないんだよなあ。それにしても冨樫先生は憎いことをするぜ。治療している悪役は普通の少年漫画だったら待ったりするんだろうけど、ハンター世界は判断がシビアなのでそういうこともない気がする。そしてそういう状況下において、ゴンのカイトを奪われた思いっていうのは絶対的な正義なのではなく単なる1つのエゴにしか過ぎないっていうのが判明してしまい読者も葛藤の坩堝にはまる。こうやって考えさせてしまうあたり、ハンターハンターはいい文学漫画だ。


とりあえず今週分の感想は夜も遅くなってしまったしここまで。最初の予定では全部とは言わずとも色んなやつに感想つけるはずだったのに、気付けばネウロとハンターをベタ褒めして終わっちゃいました。我ながらすごい信者臭ですね。自分でも文字に表すまで自分がこんなにこれらのマンガにはまっているとは全然気付いてなかった。文章って怖い。まあこんな感じで毎週主にネウロとハンターに焦点を当てながら他のマンガの感想も書いたり描かなかったりしますのでよろしこ!

コメント

はじめまして、ブランド激安市場bag81へようこそ! 格安通販
送料無料 人気の売れ筋商品も引あり ...

ルイヴィトン エルメス パネライ バッグ 財布 時計、是非是非、一度ご覧ください!

エルメス、ルイ・ヴィトン等のバッグ、財布、時計の販売。 ... ルイヴィトン バッグ、ルイヴィトン 時計、ルイヴィトン 財布|エルメス バッグ、エルメス 時計、エルメス 財布|パネライ 時計 ... ルイヴィトン【LOUIS VUITTON】 バッグ
======================【お買得情報】=========================
全国送料無料!
下記のブランド激安市場bag81HPへ急げ〜!お気軽にお問い合わせ下さい
↓↓↓
http://www.bag81.com

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zigzagzigzag.dtiblog.com/tb.php/10-a469fa96

クロムハーツ

私は常に 探しのオンラインヒントその缶役立つ私を。 THXをあなたに感謝し 。

クロムハーツ ピアス

ちょっと 私はしましたあなたのためにあなたをそこに感謝? 確かに |右ここから新しい何か何かを拾った。私がやったしかし専門知識いくつかの技術問題この使用サイト 、 以来私がリロードする経験サイトをウェブ 正しく|の私の前の}倍多くは、それが{適切にロードするために得ることができる。 OKですあなたの場合、私は疑問に思っていた?ないように私は文句が、 低迷インスタンス時間を読み込むには、 しばしばう|あなたの{高品質を損傷|品質|高いあなたのグーグルでの配置とでした缶をに影響品質スコア}もし広告とア

ニューバランス

そんなにAたくさんの| ありがとうございますあなたに感謝 で提供する個人 並外れ にチャンス 読む このウェブサイト 。 これは、することができます そう {と|も|と同様に、 |プラスの完全な|に詰まっ|詰め|更新が詰め込ま}私のため{ |私個人}と私のオフィスのために知人 訪問する{ブログ|ブログ|あなたのサイト|あなたのウェブサイト|あなたのウェブサイト最低でも| |の最小最低でも| |少なくとも非常に少なくとも| |少なくとも最小|より|ほぼ| NO未満|未満でない|最低に|特に|本当に|に

ニューバランス スニーカー

もちろん何偉大 ブログと照明投稿、 { I意志|私間違いなく意志| Iきっとあなたの のサイトをブックマークします|ブログ|サイト} 敬具 awsomeさん一日を。

シャネル バッグ 新作

こんにちは 、ニートポスト。 あり 問題 あなたと一緒にあなたの サイト インターネットエクスプローラ可能性 テストをこの! K IE それにもかかわらずです市場 リーダーと Aビッグ |のセクション|のの構成要素 {他の人々 |人々 |他の人が|人が出て残す|省略|ミス|}上を通過あなたのに起因して優れた書き込み理由この問題の。

モンクレール ダウン

立ち上がれ中指 週間少年ジャンプ16号

 | TOP | 

Profile

脱コットン

脱コットン

 あまりにも無目的に生きる自分自身に軽い絶望を感じ、そんならいっそ何か書き始めたほうが生活回転が良くなるんじゃないかと思いつけ始めたブログです。
 よって人様に見せるものでもなんでもない公開オナニーになっていることこの上ないと思われますが、万が一うっかりこのサイトを覗いてしまった場合は、その辺何も触れずに放置していただけるとありがたいです。好きな食べ物はプリンです。

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約