立ち上がれ中指

中指はそれを立てた時に最も折れやすくなる。

ということで

公開作品としては2つ目となる小説が完成した。もうタイトルからしてわかって内容の雰囲気は大体わかっていただけると思う。真面目なのに馬鹿馬鹿しい!というのが僕は結構好きなので、これからもこういうのをめげずに作っていきたい。そして今回は結構よく出来た気がするのでちょっと暇だったら覗いていって欲しい。感想言ってくれたら泣いて喜ぶよ!

はろーぼんじょー

というわけで最近小説なんかをうっかり始めてしまった僕は地味に小説投稿サイトに小説を投下してみたりしたのだ!ぱんぱかぱんぱんぱーん。ということで使っているのが以下のサイト。

TOTAL CREATORS: http://sosaku.org/

wikiを見る限り他にも有力そうなのが何件かありそうなので作ったら手当たり次第乗っけていきたい所存。おかしいなあこの夏はTOEICとスペイン語の勉強に費やすはずだったのになあ。さすが人生だぜ。何が次に何を考えるかがいまいちわからない。

初めて小説を書き終わってみて

まず一番最初に思ったのが、このサイトに乗っけたやつが俺が完成させた最初の一号じゃなくてよかったなあということだ。そんだけ。まあいいんだけどね。それにしても何かを創作するのってやっぱり結構大変なことだなあ、世の中の小説家さんとかクリエイターは本当偉いなあと思った。



うんこスパイラル

いつまでも出ないウンコの如く放置しつくさっていたこのサイトですが、久しぶりに俺が生存確認を試みたところ、なんといまだにこのサイトをちょくちょくと見てくださっている方がいるということを知り驚愕せざるを得ない心理状態となっている。なんて皆暇人なんだろう。ありがとうございます。

それで俺が今まで何をしていたかというと、具体的に言って特に何もしていなかったのだけど、その中でなんとか知り合いの雑誌に載せる小説を書いていたり趣味用の小説を書いていたりしていた。そして今日めでたいことに人生初完結小説となる雑誌用のやつの仮原稿が完成し、ついでに調子に乗った俺はもう一つの趣味用のやつもその勢いでちょちょいと完成させ、気分がいいから絶賛放置中のこのブログにでもいっちょのっけたるかと思った次第なのであります。正直原稿用紙的には40枚くらいある長文を誰か見る人がいるのかっていう疑問はあるのだけど、出来上がってしまったものはしょうがない。

しかしやっとこのサイトも小説サイトを一応名乗ることが出来るぜー!すげー内容はくだらない上に女性蔑視この上ない文言を文章の最初の方に乗っけちゃったりしたからジェンダーフリーな方々が読んだら怒っちゃう内容になってると思うけど、別に俺が普段こんな風に考えているわけではないから許しておくれ。本当だよ。まあ俺も人間だからまったくこういう風に考えていないのかね?なんて尋ねられたらちょっと怪しいところもあると思うけど、9割くらいは本当。それから割とお下品な内容なので、ダイレクトじゃないけどそういうのがちょっと苦手な人がうっかり読んじゃったらごめんよー。

あと雑誌のほうに乗っけるやつは全然こんな内容じゃないので、もし雑誌関連の方でこれ読んでてうっかり趣味用の小説読んじゃった方も安心してください。さすがにそこら辺の空気は読んでるはずだよ!


孤独と孤高の間

孤独と孤高の間で揺れ、そこから発生したエネルギーを包み込みぶつける。

孤独と孤高って結構紙一重だと思う。
僕個人の話をすると、僕は結構一人でいるのが好きで毎日群れたりするのはめんどくさいし自分の時間がなくなるしで嫌という、割と非社会的な人間だ。
そんな人間だからこそ孤独と孤高という言葉についてよく考えることが多い。

別に自分が最初気にしていなくても、他人に指摘されて気になってしまうってことはよくあることだ。
僕は一人でいることにあまり抵抗を感じない人間だとは思っているけど、それでも誰かからひそひそ言われたらうっせーよほっとけよ馬鹿と思いながらも、自分は本当は誰かといたほうが安心するのではないかとか思ってしまう。

集団欲っていう言葉がある。もう既にたびたび取り上げているものぐさ精神分析の著者である岸田秀は、人間の三大欲として性欲、食欲のほかに集団欲というのを挙げていた。普通そこに入るのは睡眠欲じゃないの?と思うんだけど、確かに人間には確固として集団でいたがるという欲があるのかもしれない。それは多分僕においてもそうなんだろう。

でも、集団欲の満たし方って一般的に考えられる以上にいっぱいあるのだと思う。集団っていうとついついいつも一緒にいなければいけないんじゃないかなんて思ってしまうけどそんなことはなくて、陳腐な言い方だけど、心でつながりを確かめられればなんとかなるってことも多いはずなのだ。それは何かに属するということも含まれるのかもしれないし、何かを語り合うことの出来る友が自分にいるという自覚を持っているだけでもいいのだろう。

学校というシステムの罪深さについてはまたいずれかの機会に書きたいが、なんか今日は頭が回らないのでこの辺で。


«  | TOP |  »

Profile

脱コットン

脱コットン

 あまりにも無目的に生きる自分自身に軽い絶望を感じ、そんならいっそ何か書き始めたほうが生活回転が良くなるんじゃないかと思いつけ始めたブログです。
 よって人様に見せるものでもなんでもない公開オナニーになっていることこの上ないと思われますが、万が一うっかりこのサイトを覗いてしまった場合は、その辺何も触れずに放置していただけるとありがたいです。好きな食べ物はプリンです。

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約